豆の挽き方について

豆のまま

豆のまま
whole beans

ミルトンでは豆のままでご購入いただくことをおススメ。 淹れる直前に粉にすることで、広がるアロマを楽しめるばかりか、酸化のスピードも遅くなる。 コーヒーはアロマのカプセル! 香りを最大限に楽しむ上でも、粉に砕くのは飲む直前が好ましい。(ご自宅で粉に挽く場合は、各器具に合わせた粒の大きさに設定する必要があります。 一般的に短時間で抽出する方法には細挽きを、反対に数分程度時間をややかける抽出には粗挽きを使用します。 適正な各器具による粉に挽き具合は、お気軽にミルトンスタッフにお伺いください。)

コーヒープレス(粗挽き)

コーヒープレス(粗挽き)
coffee press

別名フレンチプレス、コーヒープランジャー、プレスポットとも呼ぶ。粗挽きの粉を容器に入れ、お湯を注ぎ入れて4分待ち、プランジャーを押し下げると出来上がる。 フィルター部はステンレスのメッシュフィルターになっており、その性質上お湯に溶けだしたコーヒーの成分をろ過することなく楽しむことができる。 感覚としては、緑茶を急須で淹れる状態に似ている。粉を投入し、お湯を注ぐだけのシンプルな動作のため、いわゆるブレが少ないメリットもある。

ネルドリップ(中粗挽き)

ネルドリップ(中粗挽き)
nel drip

ネル生地をポーチ状にし、中粗挽きの粉を使ってじっくりと抽出する方法。 ネル生地には起毛がありますが、内側に向ける、外側に向ける他に、両面起毛のタイプもある。 厚手の生地の特性上、ろ過タイプの抽出の中でも、ろ過能力が高く、ネルドリップ特有の風味に仕上がる。 昔ながらの喫茶店は丁寧にネルドリップをするお店もあるが、その手入れの煩わしさから、一般家庭では普及していない。 近年国内外においてスキルパフォーマンスを兼ねてネルドリップで提供するお店も少しずつ増えつつある。

ペーパードリップ(中挽き)

ペーパードリップ(中挽き)
paper drip

日本では慣れ親しまれてきた抽出方法だが、近年世界中で見直されてきている。 ドリッパーの素材はセラミック製やプラスチック製などがあり、底穴の数の1つや3つ、ドリッパーの形も円錐や台形タイプ、ペーパーの素材も様々な仕様をがあり、お好みにあわせて選ぶことができる。お湯を投入して下から落ちるまでの間に、いかに粉にお湯を浸透させ、コーヒーエキスを抽出するかが大切。

サイフォン(中挽き)

サイフォン(中挽き)
siphon

喫茶店では広く使われており、蒸気吸引を利用した器具のひとつ。 サイフォン式にもいくつか種類があり、一般的に知られているのは耐熱ガラスで出来た上下のフラスコからなるもの。 下のフラスコ内の水を熱するのに、アルコールランプやガスコンロを使用するが、最近ではハロゲンランプを熱源に利用している。円形のネルフィルターは、ネルドリップの布同様に清潔に保つ必要があり、使用後は良く洗浄し、水に浸して冷蔵庫で保管する。

コーヒーメーカー(中細挽き)

コーヒーメーカー(中細挽き)
coffee machine

粉または豆を入れ、お水をセットして、スイッチを入れれば手軽にコーヒーを淹れられる機械です。 朝決まった時間に作ってくれるタイマー機能を備えたものや、煮詰まりを防ぐためのステンレス魔法瓶を受け側に使用したものまで、様々。 従来のコーヒーメーカーの欠点であったお湯の温度の低さを解消した高温抽出タイプや、蒸らし機能がついたものも出回っている。

エアロプレス(中細挽き)

エアロプレス(中細挽き)
aero press

手早く、少人数分のコーヒーを淹れるのに適している。 注射器のような筒状の容器にペーパーとやや細めの中挽きの粉を入れ、お湯を注ぎ入れます。 軽くかき混ぜた後に、ピストンで押し下げることで、コーヒーが押し出され、下からカップに抽出される一風変わったコーヒー器具。 風味としては、円形のペーパーを使い、ペーパーに似た風味になる、押し下げることによって圧がかかり、アロマオイルも抽出される。

パーコレータ(粗挽き)

パーコレータ(粗挽き)
percolator

直接火にかけて抽出する器具のひとつ。 内部にバスケットがあり、その中に粗挽きの粉を入れ、沸いたお湯がバスケットを何度も通過することで徐々に濃度が濃くなる。 沸騰したお湯が何度も粉を通ることから徐々に煮詰まっていくことが欠点だが、壊れにくさと携帯のし易さ、準備のし易さから、アウトドア派の方にはファンも多い。

エスプレッソ/マキネッタ(細挽き)
espresso/macchinetta

直接火にかけて抽出する器具のひとつ。容器に水を入れ、中のバスケットに細挽き(中挽きや極細挽きをしようする場合もある)の粉を入れてセット。 マキネッタから炎がはみ出さない程度の火力で沸かし、シューという音に変わった段階で完了。 パーコレーターのようにお湯は循環しない。

ターキッシュ/トルコ(極細挽き)
turkish

別名、トルコ式コーヒーとも呼ぶ。 極細挽きにした粉と冷水、砂糖をイブリックに入れ、弱火で火にかける。 泡立ってきたら、ギリギリのところで火から下し、カップに上澄みのコーヒーを注ぐ。イブリックは銅製のものを使うが、ない場合は小さな鍋やミルクパンを使用しても良い。 濃厚にしたい場合は、沸騰回数を数回繰り返すと良い。

このページを閉じる