お知らせ

2021/03/07

【2021/03/07】 生豆サンプル到着に向けて着々と準備中。。。

こんにちは!花畠店の深海です(^-^)

産地の農園主さん達から、ミルトンに続々と連絡が入ってきています!
今年は訪問できなかったので写真付きで状況を教えてくれました♪

セルヒオさんは既に収穫を終え、処理の真っ最中。
その他の農園主さん達も今だ収穫中ですが、そろそろ終盤だそう。

コーヒーの収穫はミルトンの取引農家さんで言うと大体2月〜3月に4回に分けて
収穫作業を行います。
それもエリア分けとかではなく、熟度に応じて収穫するので人の目で確認し、
人の手で摘み取るという本当に途方もない作業を、農園に関わる多くの方がして
下さっています。

農園主だけでなく、裏では想像もできないような仕事を多くの方がして下さっているんです(゜_゜)
その辺りの詳しいエピソードはFacebookの方で凜ちゃんが紹介してくれてますので是非
チェックしてみてくださいね〜!

さて、収穫を終えると一番味の安定した第2,3収穫分を迅速に処理し、生豆サンプルとして
空輸便で送ってもらう予定になっております。
本来なら現地のカッピング場で選ぶのですが、今年は日本で新豆のカッピング。。
といことはこちらで焙煎してのカッピングとなるため、オーナーもそれに備えて準備中。
いつもの焙煎機は数十キロ単位の焙煎ですが、サンプルは数百グラム程度。水分値も異なるため、
周到な準備をして臨みます(゜o゜)
(本来であれば、現地の収穫直後の焙煎を熟知したプロの焙煎人が焼いたものをカッピングします)


1回ずつ焼いてはデータを蓄積していきます。その日の気温・湿度にも大きく影響されるため
その辺りも加味してデータ化していっております・・・

ちょっと込み入った話をしましたが、とにかく現地でもこちらでも、皆さんに引き続き美味しい
コーヒーを飲んでいただきたく、全力を尽くしております!!!
なので、シンプルにただただ楽しんでもらえたら嬉しいですし、もちろんマニアックな話を
聞きたい!という方はスタッフみんな現地には行っておりますので色々聞いてくださいね♪

これは収穫した後、今から水を張って水路のようにして堰を張り、重度の違いで比重選別する
昔ながらの方法です。水洗後にそのまま天日干しするか皮を剥くかに分けられます。


これはサミュエルさんから送られてきたハニー処理中の写真です。
天日干しされて、果肉が乾燥し褐色になってきました!甘さがぎゅっと中に浸透してそうです!!

現在処理されているものはサンプル到着後、全ての処理を終え、一定の水分値まで寝かせてから
輸出手続きとなるので、到着するのは夏〜秋ごろでしょうか。。。
みなさんも楽しみにおまちくださいね(^○^)

242view

次へ リストを見る

Shopping Informarion